【赤ちゃん返りを防ぐ!?】上の子ファーストのやり方3選

上の子ファーストのやり方3選
  • URLをコピーしました!

この記事は約4分で読めます。

弟や妹が生まれると、上の子に起こりがちな『赤ちゃん返り』。

上の子がいきなり聞き分けがなくなり、困っている人も多いんじゃないでしょうか?

そんな方のために、私が実践して良かったと思う上の子への対応方法をご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ
・上の子の赤ちゃん返りに困っている
・上の子ファーストのやり方を知りたい
・上の子へのフォローの仕方を知りたい

目次

上の子へのスキンシップを増やす

上の子が寂しくならないよう、赤ちゃんが寝たときに

mizu

ママのところにおいで~

と呼んで

  • 膝の上に座らせてバックハグ
  • 頭を撫でる
  • ギュッと抱きしめる
  • 「可愛い」「大好き」と言葉で伝える

などスキンシップを一人っ子の時以上にとるようにしました。

赤ちゃんを抱っこしていると近寄ってこない長男でしたが、呼ぶとニコニコ嬉しそうに寄ってくる

そんな姿を見て、幼いなりにやっぱり我慢しているのかなぁ…と感じました。

mizu

長男のことが大好きなのは変わらないから、安心していいんだよ~

ということが伝わるように、積極的に態度と言葉で示すようにしていました。

一緒に赤ちゃんを可愛がる

赤ちゃん返りを防ぐためによく赤ちゃんのお世話を手伝ってもらうといいと聞きますが、2歳の長男が出来るお手伝いと言えば、保管場所から新しいオムツをとってもらうことくらい…💦

どうやったら赤ちゃんの存在を受け入れられるか考えた結果…

一緒に赤ちゃんを可愛がってもらうことにしました

mizu

私も初対面の人やよく知らない人と接することが凄く苦手なので、上の子が赤ちゃんを警戒してしまう気持ちは何となく分かる…。
信頼できる人が一緒にいてくれると心強いんだよね!

赤ちゃんに触ることから始める

最初は手やほっぺをツンツンと触らせることから始めました。

そして触ることが出来たら

mizu

赤ちゃん触れたね!小さくて可愛いね♡長男くんも可愛いけどね♡

と褒める!すると

長男

えへへ

と照れ笑い…その姿がめちゃくちゃ可愛い♡

赤ちゃんも長男が好きだと伝える

生後2ヶ月が過ぎ次男が長男を見て笑うようになると、

mizu

長男のこと見て笑ったよ!次男くんも長男くんのこと大好きみたい♡

と赤ちゃんも長男のことが大好きということを伝えていました。

子どもは素直な分、自分に好意がある人には敵意は向けないようで…。

1年後には保育園で

長男

僕の次男くんだから!!!

とお友達に牽制するほどの弟大好きなお兄ちゃんが出来上がりました。笑

上の子の欲求を満たす

2~3歳といえば自分が一番のイヤイヤ期!

手のかかる赤ちゃんがいる中で、癇癪を起こされたらたまったもんじゃありません。

mizu

躾なんて聞き分けできるようになってから兄弟まとめてすればいいや。

と割り切って、とにかく癇癪に繋がらないように上の子の欲求を満たすことに徹底しました。

真冬の寒い日も長男が

長男

お散歩行くの!!!

と行ったら、次男も連れて散歩に。

ご飯となれば食器をひっくり返さないよう、長男につきっきり。

寝かしつけは、次男よりも長男の寝かしつけを先にしていました。

なるべく欲求を満たすようにしていたからか、激しいイヤイヤ癇癪はなかったように思います。

mizu

ちなみに癇癪を起こした時は何を言っても無駄なので、長男が落ち着くまで次男を愛でて無になっていました。笑

まとめ

赤ちゃん返りを抑えるには、上の子に「自分も愛されている存在」だということを伝えるそして「赤ちゃんは自分の敵」だと思わせないことが大切だと思います。

幼い子に赤ちゃんを触らせるのは怖い、近寄ってほしくない』と思う気持ちも分かります。

しかし仲間外れにされたら大人でも悲しいし寂しいですよね?

触れ方を教えてあげて、一緒に可愛がることが出来れば「ママをとられた!」と感じず、下の子への敵対心も治まりやすいのかなと思います。

上の子が聞き分けが出来るようになってくると、上の子を我慢させがちですが、子どもは親に甘えたい気持ちがあるのが当たり前なので、基本は赤ちゃんファーストでも時々は上の子ファーストでもいいのかなと思います。

mizu

長男(4)の対応は基本力のあるパパですが、たま~に「ママがいい」と言ってくるので、その時は甘えさせてます。(16kgの抱っこ…頑張ってます)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

かくれ繊細(HSS型HSP)。
「めんどくさい」が口癖の超ズボラ人間。
5歳と3歳の男の子2人を子育て中。
かくれ繊細×ズボラ―が気楽に暮らすための奮闘記を発信します!

目次